よくある質問

戸建住宅の改修工事

検索ワード

カテゴリー一覧


サイディングの目地のコーキングと塗替えはどっちを優先するべき?

|カテゴリー:

サイディングの目地のコーキングに傷みが確認できるということは、外壁の塗装もそれなりに年数が経っていることになり、両方同時に行うのがベストではありますが、どちらかしか行わないのであれば、コーキングの打ち替えを選択するのがいいでしょう。

理由はサイディング外壁の防水性能は、目地などのコーキングがその役割を多く占める設計となっているからです。またサイディング板の表層の塗装は防水性能も兼ね備えてますが、コーキングの防水性能に遥かに劣り、機能性をも考慮するとその役割はひじょうに重要だからです。

ただし、いずれも放置した場合は、サイディング板の交換や下地の胴縁と呼ばれる木材の交換が必要となるケースもありますので、見極めが肝要です。以下のケースはタイミングを逸してしまったケース。

↑表層の塗膜が無くなり板がスポンジのように常に湿った状態なために黒カビが発生したケース。

↑目地のコーキングの劣化が進み、コーキングが剥がれ落ちてしまったケース。

※特に1Fの基礎のから1m程度の高さは降雨の際の雨のはね返りの影響などから、コーキングの劣化の進行が早くなっている場合がありますので、建ててから5年程度過ぎたら日常点検としてこの周辺を確認し、破断などあればご自身でコーキングを行うことをお勧めします。