よくある質問

戸建住宅の改修工事

検索ワード

カテゴリー一覧


屋根にコケがあるけどほっといて大丈夫?

|カテゴリー:

最近、屋根材で主流となっている新生瓦(カラーベスト、コロニアルと称されているもの)のケースでお答えします。

コケが発生するにはいくつかの要因がありますが、概ね適度な日光と水分がある環境が必要となります。また屋根の材質の違いによって陶器瓦や金属瓦のように表面が滑らかなものに付着することは少なく、新生瓦のような表面に塗装がされたざらついたものに付着しているのを多く見受けます。

コケを起因とするリスクとして、①新生瓦と瓦の上下の重なり目に、コケが入目に入り込むと、水を吸いやすく雨漏れをおこす原因となる。

②塗膜は防水材とは異なり透水リスクが高く、とくに傾斜角度が低く、帯水時間が長いほど透水し基材のセメントを劣化させる結果となります。水分を長い間含んでしまうコケが多いほど透水の恐れが高くなり、透水した結果は基材のセメントを傷め表層の塗膜が剥がれ、さらに防水効果の低下をまねいてしまいます。

また、新生瓦本体の塗膜が劣化し、基材のセメントが露出し、瓦本体の撥水能力の低下により水分をスポンジのように吸収し、コケが 全体に発生するケースもあり、このサイクルを長期間繰り返すと本来日差しが強すぎて発生しにくい南面にもコケが生えるようになります。

結論として、コケの発生は劣化のサインのひとつです。コケが広範囲に発生するようであれば、コケの生育に必要となる水分を供給する環境があることにつながりますので、点検時の目安としてください。