よくある質問

戸建住宅の改修工事

検索ワード

カテゴリー一覧


自社オリジナル塗料で塗るって—。本当に大丈夫?

|カテゴリー:

リフォーム会社で多く見かける「自社オリジナル塗料」は、塗料製造部門を持ち合わせていない会社以外は、いわゆるOEMやPBと呼ばれる商品で、通常市場に出回っている塗料を容器のパッケージだけ変えたもので中身は同じものがほとんどです。したがって、性能的にお客様にメリットは無く、差別化し希少価値を高めるといった販売側にメリットがあるだけです。

一般的なスーパーで見かけるPB(プライベートブランド)商品は価格を抑えるための工夫がなされておりメリットを享受できますが、塗装業界ではあまり馴染まないものです。

公共・民間のすべてで日本で1番塗装工事を行っている会社であってもオリジナル商品を使っている話しは聞きません。今では被害も少なくなり風化しつつある悪徳リフォームがはびっこた全盛期に、工事をすることを目的とはせず、販売を主目的としたリフォーム営業会社が多く乱立していました。名前はあえて伏せますが、そういった会社が販促ツールとして「自社オリジナル塗料」を採用していました。

また、OEMをするには塗料製造会社と定められた数量以上の塗料と専用カタログ、容器のオリジナルパッケージの制作料を含め契約するので、よほどの数を販売しない限り割高になります。

こういった中身(品質)が同じで価格が高くなる、お客様にとってメリットを感じられない「自社オリジナル塗料」を推奨することを個人的にできません。どうしてもその塗料容器のパッケージにこだわりがあるのであれば話しは別ですが。。。

余談ですが、とある自社オリジナル塗料を取り扱うリフォーム会社の工事を実際に行った職人さんから聞いた話しによると、お客様と契約したリフォーム会社は、材料込みの材工で請負わせる契約であることから自社オリジナル塗料の購入費は職人さん負担だそうです。また同じ会社から請負っている別の職人さんは、指定されている材料が高額なため最小数を当該のリフォーム会社から購入し、工事中に不足した場合は別の安い材料を持ち込み、施工しているそうです。このリフォーム会社の方も現場に顔を出すそうですが、近隣の営業のついでに来ている程度で、ほぼ丸投げといった状態だそうです。