施工実績

検索ワード

物件カテゴリー


施工箇所カテゴリー


T紙工漏水修繕工事

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|,

施工前(墨出し状況)

施工中(アスファルト撤去・床掘り後転圧状況)

施工中(U字溝設置後、埋戻し部左官状況)

施工完了

施工部位、工事 敷地内土間
地域 神奈川県座間市小松原
施工規模 U字溝設置・浸透桝取替
施工期間 2017年7月22日~2018年8月26日

依頼事項、困っていたことなど

製紙工場にて工場内に埋設(土間下)している給水管の漏水が発覚。しかし土間下のどこで発生しているか不明なため、対処法として新たに給水管を設けて既存の給水管を撤去もしくは使用出来ないようにしたい。新設する給水管は今後のメンテナンスを容易にできるように露出タイプを考えている。その際にどうしても土間下を通さないといけない箇所があるので、その箇所にU字溝を設けU字溝の中に給水管を配置したいので、U字溝の設置を依頼したい。

解決方法、ご提案

製紙工場は平日稼働中はトラックの出入りが多いので、工場がお休みの土曜日と祝日、夏季休暇を利用し施工して頂きたいという旨を伝えられています。
また、トラックも10t車が往来しますのでそれに耐えられるU字溝と浸透桝を選択しました。
工場が夏季休暇に入られるまでは下準備として墨出し・路面カッター入れ・材料搬入を済ませ、工場が夏季休暇に入られた直後に路面解体から始まる本工事を開始しました。
床掘り中に想定外として玉石が出土した以外は工程表通り施工は進みました。
U字溝と浸透桝を設置し、埋戻し完了後に水道工事の関係上10日程コンクリートを打設できないため、鉄板にて仮設通路を設置してトラックが通れるようにしました。
コンクリート打設時に仮設通路を撤去し、配筋を施した後にコンクリートを打設。
早強ポルトランドセメントを使用していることから、早々に金ゴテ拵えを2回施し、表面が指触できる程度に乾いたら散水して水養生を行いました。

お客様の声

本当に乾いているのか不安だったようで、用心のため最初は空荷のトラックのみを通していたようですが、試しに積荷を済ませたトラックを通したところ、何も変化がありませんでした、と早強タイプのコンクリートの強度発現の速さに驚かれていました。

前のページへ戻る