トピックス

昔と今 トイレ節水事情

|カテゴリー: トピックス

トイレで使用する水の量は、一般家庭では お風呂の次に量が多いって知っていましたか?

家族構成や使用頻度など、ご家庭によって水道代の使用料金はバラバラだと思いますが、2012年度版 東京都水道局の
「一般家庭水道用目的別実態調査」によると一般家庭における水道使用量の内訳は以下の通りだそうです。

● 風呂・・・・40%
● トイレ・・・22%
● 炊事・・・・17%
● 洗濯・・・・15%
● その他・・・6%

お風呂に次いで2番目で、全体の4分の1にあたるのですから、とても多いですよね。

それが、同じ東京都水道局の「一般家庭水道用目的別実態調査」でも、2006年度では、このような結果でした。

● トイレ・・・28%
● 風呂・・・・24%
● 炊事・・・・23%
● 洗濯・・・・16%
● その他・・・9%

お風呂とトイレの順位が入れ替わっている上に、使用量の割合も多かったのがわかります。

どういうことかといいますと、ここ数年で、トイレの節水面での性能が進み、以前に比べて節水効果の高い新しいトイレが増えたたことで、実際の使用量も削減されたのではないかということなのです。

比べてみると、2006年頃のトイレでは、1回の大洗浄水量が約6L必要になりますが、さらに1990年代以前のトイレでは、10~13Lもの水を使用しているのです。

現在はどうかと言うと、トイレの洗浄水量は40年前に比べておよそ5分の1にまで削減されているそうで、
実際には、4人家族のご家庭で年間およそ12,000円~15,000円の水道代の節約になるケースもあるようです!

現在では一般的な節水型4.8Lに加えて、超節水型3.8Lもあり、また水量だけでなく、電力の面でもタイマーで節電設定ができたり、人の気配を感知して節電してくれる機能などもありますので、節水、節電と合わせるとその差は歴然ですね。

長い目でみると、トイレのリフォームはかなりお得な選択肢になるのではないかと思います。

トイレのリフォームを検討する際に、ご参考にして頂けたら幸いです。