ニュース&トピックス

雨水の排水・処理は安心ですか?

|カテゴリー: ニュース

昨年は多摩地区の河川氾濫の事例もあり、台風や大雨の被害も身近な問題になってきています。
泉建装でも台風、大雨後には様々なお問合せを頂きますが、
この記事では、雨樋が一部壊れてしまっているので交換して欲しいとの依頼を受け、工事にお伺いした際の出来事をご紹介いたします。

既存雨樋を撤去後、竪(タテ)樋内に水詰まりがあるのを発見しました。
写真は竪樋下部を切断後の様子。


手前の雨水桝に接続され雨水が排出されていると思っていた配管が、付け根から先の施工がなされていませんでした。
(補足ですが、違法とは言いませんが、こんなに浸透桝が近いなら繋げるのが普通です。)


施主様にご確認頂き、最近の雨量を考慮し雨水管を雨水桝(マス)に延長する事をご提案し、
「雨水管切り回し工事」を行う事になりました。


配管接続施工後の様子。


雨水桝に配管接続後、開口部モルタル埋め作業中の様子。

雨水の処理や排水方法の基準は自治体によって違いがあり、八王子市では敷地内の地面に直接排出しても問題はありませんが、
この様な状態では、よほど水を吸収しやすい土壌であっても経年で目詰まりし、排水に支障が生じてしまう恐れがあります。
施工の確認をし難い箇所にもなりますが、降雨の際に雨樋からのあふれの有無や、雨水の排水の状態にも一度目を向けて頂けるとご安心かと思います。

また、八王子市では雨水の浸透を推進し、地下水の涵養、湧水の保全など水循環の再生を図ることを目的として、雨水浸透施設(雨水浸透ます・浸透トレンチ)の設置費用の一部を補助する「雨水浸透施設設置補助事業」の取り組みもなされています。
ご参考になさってみて下さい。

【八王子市HP:「雨水浸透施設設置補助事業」サイト】