施工実績

検索ワード

物件カテゴリー


施工箇所カテゴリー


八王子市生涯学習センタービル5階展示室雨漏り修繕工事

物件カテゴリー|,  施工箇所カテゴリー|, ,

施工前

既存ゴムシート撤去作業中の様子

シーリング材打ち込み作業中の様子

シーリング打替え施工後

施工部位、工事 雨漏り修繕工事、シーリング打替え工事
地域 東京都八王子市
施工期間 2020年3月5日~3月6日

依頼事項、困っていたことなど

以前職員の方が修繕をされたこともある展示室の天井から雨漏りが再発し、今回は業者の施工を希望したいという事から、八王子市から数社に見積りの要請があり、結果弊社が受注いたしました案件です。

解決方法、ご提案

雨漏りのある天井には網入りガラスの天窓が設置してあり、天窓の外壁ぎわには前回の補修の際に貼った15mほどの防水ゴムシートとシーリングの跡も残っていました。
今回の漏水も同じ箇所からでしたが、窓枠のパネル廻りやゴムシートで隠れたタイル壁面の取り合いに施工してあるシーリング部分の劣化が原因とみられ、室内に漏水が発生している様でした。
今回の修繕作業は、漏水部分を覆っているゴムシートを撤去し、各シーリング部分を打替え、取り合い部をしっかり密着させることで雨の侵入を防ぐといった施工内容です。

施工場所は11階建てビルの5階となり、天窓は5階バルコニーからさらに5mほど上に位置しており、高所作業となりました。
そのため、物の落下に留意するのは勿論のこと、親綱、安全帯の装着など、作業の安全性を充分に確保し施工させていただきました。

お客様の声

前回の漏水の際は、職員が外壁側から修繕を行いましたが、やはり完全に補修を行うのは難しいと感じました。
今回熟知した業者さんに依頼をし、漏水を治めて頂けたことでとても安心しました。
有難うございました。

東京都渋谷消防署S出張所外壁その他改修工事

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|, , , , ,

外壁補修・塗装工事 : 施工後

屋上防水工事 : 施工後

シャッター取付け工事 : 施工後

倉庫 塗装工事・屋根解体撤去、折半屋根、破風取付け工事 : 施工後

施工部位、工事 外壁補修塗装工事、屋上・庇部防水工事、シーリング工事、鉄部塗装工事、シャッター取付け工事、駐輪場・倉庫屋根交換工事、照明器具交換、花壇植栽植替え、屋根材(石綿含有建材レベル3)解体処分
地域 東京都渋谷区
施工期間 2019年11月12日~2020年2月21日

依頼事項、困っていたことなど

改修内容としては、建物の外壁のひび割れが酷くなり汚れも目立ち、鋼製建具(大戸)の戸閉まり不良があるため、外壁の調査および補修、鉄部の塗装、鋼製建具(大戸)の交換、付属棟の屋根の葺き替え、庇の天端と屋上平場(パラペッド部含)の塗膜防水。

解決方法、ご提案

今回、塗装工事、防水工事を含め複合的に改修工事をさせて頂きました。

①建物の外壁は足場を用いて打診調査と、クラックスケールを使用してのひび割れ調査を実施後、不良箇所をまとめた調査報告書と施工(補修)計画書を消防庁に提出、承認を経てから外壁の補修を施工しました。

②外壁の浮き部分は開孔しエポキシ系樹脂を注入、ひび割れ部分は幅0.2mm以上のものはUカットを行い、可とう性エポキシ樹脂を充填してからポリマーセメントにて平滑に仕上。過去にUカット補修した箇所も、削り直して同様の処理を行いました。欠損部分は樹脂モルタルを使用し成形補修を施工。外壁補修の完了後に可とう形複層塗材にて芸壁の仕上げ塗装を実施。サッシ廻りや建物の入隅部分はシーリング打ち替えでの施工になりました。

③鉄部は正面の大戸、耐震フレーム、屋上手摺等を全面ケレンした後に耐候性塗料にて塗装を行いました。
付属棟の既存屋根は石綿含有建材のレベル3との指定でしたので、囲い養生とともに飛散防止材を吹付ながら防護服での解体作業を行い、解体材は二重に梱包して特別管理廃棄物として搬出及び処分を実施。計画図には破風の設置が無かったので、屋根の解体前に破風の設置案を消防署に提出し、承認後に折板屋根と共に破風の取付けも実施しました。

④庇と屋上は全体に補強クロスを用いてウレタン塗膜防水を施工しました。

⑤鋼製建具の交換にて、当初は吊り建具を計画とされていましたが、受注後の現地調査にて吊り金具設置予定の箇所に庇があるため計画図面通りに建具の設置が出来なくなるという事例が発生。弊社からの代案としてシャッターの設置をご提案。計画書を作成・提出し、承認を得てからシャッターレール下地となる鋼製角材をあと施工アンカーにて取付けてからシャッター本体を設置しました。

⑥正面の花壇もひび割れや欠損が生じている所を補修し、外壁と同様に可とう形複層塗材を塗布。植栽も枯れていましたのでサツキとオオムラサキツツジに植替えました。

お客様の声

「色々と問題が生じて申し訳ありませんでした。建物も綺麗に仕上がってます。有難う御座いました。」

八王子市東浅川町Y様邸バルコニー防水工事、外壁下地補修工事

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|, , , ,

バルコニー防水工事:施工前

バルコニー防水工事:施工後

外壁下地補修作業中の様子(ヒートガン使用)

外壁下地補修施工後(この後塗装工事となります)

施工部位、工事 バルコニー防水工事、外壁クラック補修工事
地域 東京都八王子市
施工期間 2020年2月27日~3月23日

依頼事項、困っていたことなど

2020年2月27日より着工の改修工事としてご依頼のバルコニー防水工事。
外壁は塗装工事に伴い下地処理としてクラック部分の補修が必要となりました。

解決方法、ご提案

既存のバルコニーでは、前回他社様で工事をされた際の工事不具合箇所がございました。
立上り箇所に防水処理がされておらず、下地処理のまま放置されており、水シミが散見する状態でした。
当然階下には漏水が発生していたため、トップコートのリコート(塗り替え)だけではなく、ウレタン防水工事としてご提案させていただきました。

また外壁のひび割れについては人通りの多い目立つ面に複数のひび割れが発生しておりました。
従来よく耳にするUカットシーリングでのひび割れ補修も検討しましたが、Uカットシールは騒音・粉塵が出る・危険作業、後から仕上がりに影響が出てしまい補修跡を隠そうとしても、どうしても目立ってしまうこと等を考慮し、今回はクラック部分に特殊なテープを密着させるTNC工法(テクスチャー・ノン・カット)での工事をご提案させて頂きました。

お客様の声

ウレタン防水については、散水テストをしたことで再発の恐れがなくなりご安心頂けました。

またひび割れについては、足場撤去後に確認をいただきましたが
「元々どこがひび割れていたのかわからない」ほど修復ができた為、お喜びの御言葉を頂きました。

八王子市東浅川町Y様邸屋根外壁塗装工事

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|, , , , ,

施工前

屋根:施工前

施工後

屋根:施工後

施工部位、工事 屋根外壁塗装工事、タスペーサー取付、バルコニー防水工事、点検口取付、漏水点検
地域 東京都八王子市東浅川町
施工期間 2020年2月27日~3月23日

依頼事項、困っていたことなど

OB顧客様のY様より、お住まいのリビングの天井にシミと隙間が出できた事、以前より台風時には漏水もあったという事で、漏水原因の検証と屋根外壁塗装工事等でのご相談をいただきました。

解決方法、ご提案

漏水の問題に関しては、雨漏れの修繕に加え、室内の壁を修繕する際に点検口を取り付けることでご提案させていただきました。

事前の外壁調査にて確認のクラック箇所は、塗装施工前に特殊なTNC工法(テクスチャー・ノン・カット)にて念入りに補修を行い、塗装の工程に入りました。

今回は屋根外壁塗装工事、バルコニー防水工事、内装他複合的な改修工事となりましたが、加えて施主様が以前より気になっていたインプラス窓の施工ご依頼もいただきました。

八王子市暁町Eハイツ3階廊下長尺シート張り工事

物件カテゴリー|,  施工箇所カテゴリー|,

施工前

下地補修:施工中の様子

長尺シート接着作業前の様子

施工後

施工部位、工事 共用廊下長尺シート貼り工事
地域 東京都八王子市暁町
施工期間 2020年7月23日~24日

依頼事項、困っていたことなど

Eハイツを保有しているオーナー様より、ホームページをご覧になりお問い合わせをいただきました。

外からの雨の吹込みで3階共用廊下に水たまりができご不便があるというお困りのご相談でした。
ご要望としては廊下の窪みの調整をして、長尺シート貼りの施工にしたいとのお話でした。

解決方法、ご提案

現地調査にお伺いしたところ、既存の床は塗装仕様の廊下になり、表面にへこみなど不陸(凹凸)が生じている箇所が数か所確認できました。

施工内容としては、施主様のご要望通り、まず床面の勾配調整(下地処理のケレン作業後、樹脂モルタルで床表面のレベル調整作業)をし現在の傾斜を解消したのち、長尺シートを張る工程となりました。

以前の廊下はモルタルに塗装の仕様でしたが、今回施工の長尺シートの特徴としては長尺シートが廊下・階段の専用シートになるという事と、汚れにくく、掃除がし易い上に足音も軽減できるという事で、マンションや共同住宅等でよく採用されています。
また今回は防滑性を備えたシートになりますので、より滑りにくくなっています。

お客様の声

雨の際には、廊下に水たまりができて困っていました。
今回は外廊下専用の施工の上、勾配の調整では、吹き込んだ雨が外に出で行く傾斜をつけて下さり、それにより廊下が水浸しになることもなくなりました。
とでも満足のいく施工をして頂きました。

八王子市館町I様邸屋根外壁塗装等工事(八王子市補助金利用)

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|, , , , ,

施工前:屋根

施工前:全景

施工後:屋根

施工後:全景

施工部位、工事 屋根塗装工事、外壁塗装工事、雨樋交換工事、ベランダトップコート塗布工事、鉄部(ベランダフェンス、格子部、雨戸、門扉)錆止め塗装工事、設備工事
地域 東京都八王子市
施工期間 2016年5月18日~6月11日

依頼事項、困っていたことなど

ご近隣を施工していた際、ご主人様がお尋ね下さり、屋根の改修工事と雨樋交換のご相談を頂きました。
当初のお考えでは屋根塗装、雨樋交換の予定でしたが、せっかく足場を建てるならと外壁塗装、ベランダのトップコート塗替えも併せ、外装全体の改修工事をご希望になられました。

解決方法、ご提案

屋根塗装の仕様は遮熱性が高く、屋根の温度上昇を制御する、弱溶剤形2液アクリルシリコン樹脂塗料「アレスクール2液Si」(関西ペイント)をご提案させていただきました。
屋根は垂直面の外壁とは異なり、一年中日曝し雨曝しな事から劣化のスピードが外壁の2倍ともいわれています。
ですので。泉建装の屋根塗装は「最低でも下塗り2回」を標準仕様としています。
屋根は下塗り1回目の作業として「ヤネ強化プライマーEPO」を塗布し、脆弱部を強化し吸込みを止めを行い、効果が確認できた後、アレスクールシーラー(下塗り2回目)⇒アレスクール(上塗り)を2回施工します。当然乾燥時間(オープンタイム・インターバル)を守ります。
外壁塗装はアクリルシリコン樹脂の水系塗料『パーマルシリコン(ダイフレックス)』をご提案させていただきました。

今回の施工は、八王子市が毎年交付している補助金【八王子市居住環境整備補助金】(長寿命化改修工事)を利用しての施工になりました。

お客様の声

丁寧に仕事をしていただきありがとうございました。

八王子市Rマンション長尺シート張替工事

物件カテゴリー|,  施工箇所カテゴリー|,

全景

施工前

施工後

施工後

施工部位、工事 共用廊下長尺シート貼替工事
地域 東京都八王子市
施工期間 2019年11月25日~12月21日

依頼事項、困っていたことなど

以前、館町にお住まいでいらしたという、マンション修繕委員の方からご連絡をいただき、将来の20年目大規模修繕工事も視野に入れて、まずは劣化が進んでいる共用廊下を改修したいとのご相談を頂きました。管理会社の対応にもご満足されていらっしゃらず、自分たちで施工業者を探している中で、当社のHPを見つけていただきお問い合わせを頂きました。

見積りは当社以外にも2社ご依頼のため、理事会、総会でも内容を精査して施工業者を決めたいとのお話でした。

解決方法、ご提案

Rマンション様は25世帯の5階建てマンションになります。
今回のような集合住宅の改修工事の際は修繕委員会の方からご連絡を頂くことも多いですが、修繕委員の皆様は居住者の方々への報告や施工業者の調整役など大きな役割をになっていらっしゃいます。
そのため打ち合わせやお見積りのご説明では特に、詳細に、分かりやすく、委員の方々が理事会への報告や居住者の皆様へのご説明もしやすいように、という事を心がけてお話させていただいています。

ご参考として過去の大規模修繕工事の経験の話もさせて頂きながら、今回は劣化の進んでいる「共用廊下の長尺シート張替え工事」での施工ご依頼をいただきました。

おおよその施工経緯としましては、
着工『面格子取り外し』➡『高圧水洗浄』➡『既存長尺シート撤去』➡『下地清掃・補修・調整』➡『新規長尺シート貼り施工』➡『ドレンレール設置、継ぎ目目地棒設置。』➡ 組合長さま、組合員さま立ち合いのもと中間検査。➡『入隅部シーリング施工』➡『面格子現状復旧』➡『清掃』➡『完工』
となります。


今回の施工のご依頼は、泉建装の「大きな工事だけでなく小工事からフットワーク良く対応」していることもご評価いただいたとの事でした。


お客様の声

「施工前の工法や、金額の調整はもちろんのこと、居住者への事前説明のお知らせや、注意喚起の声かけなどもまめにして下さり、施工中の挨拶も気持ちよくしてくださっていました。フットワークも軽く何度も足を運んでくださり気持ちよく工事をお願いできました。有難うございました。」

東京都武蔵村山市Sアパート屋根外壁他修繕工事

物件カテゴリー|,  施工箇所カテゴリー|, , , , , , , ,

全景

外壁タイル張替え施工中

外壁タイル:クリヤー塗装(艶消し材)塗布施工中の様子

バルコニー上裏(漏水箇所)張り替え工事(既存上裏撤去後の様子)

施工部位、工事 屋根塗装工事、外壁塗装工事、外壁タイル部分補修交換工事、軒天張替え工事、雨樋塗装工事、開口部シーリング工事、駐輪場塗装工事
地域 東京都武蔵村山市
施工期間 2018年8月27日~10月24日

依頼事項、困っていたことなど

当社ホームページをご覧になられ、お問合せを頂きました。
ご相談は、千葉県在住のご依頼人様が所有していらっしゃる、武蔵野市にある築年数12年のアパートの修繕工事として、屋根塗装工事、外壁タイルの補修、塗装工事、ベランダ防水工事での内容になりました。

また、空室となっている1部屋については天井から漏水が発生しており、1度他の業者さんで工事をしたが漏水が止まらなかったとのことで、こちらの再補修もご依頼いただきました。

解決方法、ご提案

①外壁のタイル部分
ひび割れや浮きが多数見受けられた為、外壁はタイル全面打診調査を行い、補修と一部タイル交換を施工した上でクリヤー艶消し材仕様での塗装工事をご提案しました。

②ベランダ防水工事
複数世帯で漏水の現象が見られましたので、トップコートのみの塗替えではなく、ウレタン塗膜防水での施工をご提案させて頂きました。

③部屋内漏水修繕工事
お部屋の内側から漏水箇所の天井を開口させて頂き、屋根から散水テストを行い漏水原因箇所を特定、その後補修工事をご提案させていただきました。屋根は折板屋根となっており、葺き替えの話もでましたが、ご予算との兼ね合いもあり漏水箇所の補修工事となりました。

★追加ご提案
④一部コロニアルの屋根があったのですが、そちらに雨樋がついておらず、落ちた雨水が跳ね返りタイル面を汚しておりました。こちらに関しては軒樋の新設をご提案させていただき、施工致しました。


東京都T学園グランド放送室屋根防水工事

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|, ,

軒天補修箇所(爆裂箇所補修後塗装)

屋根部施工前(洗浄後)

ウレタン防水施工中

ウレタン防水施工後

施工部位、工事 屋根防水工事、軒天補修塗装工事
地域 東京都小平市
施工期間 2019年11月4日~11月12日

依頼事項、困っていたことなど

昨年トレーニング棟外装工事のご依頼を頂きましたが、今回はグランドに設置の放送室屋根の漏水でご相談を頂きました。

解決方法、ご提案

屋上にあたる屋根部分はウレタン防水施工。
野球グラウンドにつき防球ネットフェンスを一部一時撤去し、洗浄の水が飛散しないよう
ブルーシートで養生を行ってからの施工となりました。
軒天は漏水による膨れ箇所が数か所ありましたので、補修作業後塗装を致しました。

相模原市K様邸ベランダ防水工事(屋根塗装、外壁シーリング工事時並行)

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|,

施工前

FRP樹脂流し込み作業後

施工後

施工後

施工部位、工事 ベランダ防水工事
地域 神奈川県相模原市
施工期間 2019年9月30日~10月1日

依頼事項、困っていたことなど

10年前に屋根外壁の塗装工事を施工させて頂きましたOB顧客様でいらっしゃいますが、今回屋根塗装、外壁シーリング工事等の施工と同時にベランダの防水工事のご依頼を頂きました。

解決方法、ご提案

ベランダのお手入れは今回初めてになり、劣化の状態からもトップコートだけでなく、防水層からの施工がご安心という事で、今回、FRP重ね貼りとトップコート塗布の仕様での施工になりました。

Page 1 of 41234