施工実績

検索ワード

物件カテゴリー


施工箇所カテゴリー


八王子市Iアパート網入りガラス交換工事

物件カテゴリー|, ,  施工箇所カテゴリー|, , ,

施工前

網入りガラス 錆止め塗布作業の様子

網入りガラス設置後:シーリング打設施工中の様子

施工後

施工部位、工事 引違いサッシ部網入りガラス交換工事
地域 東京都八王子市
施工期間 2020年4月2日

依頼事項、困っていたことなど

JKK様より、引違いサッシ網入りガラスの破損における検査・対応のご依頼を頂きました。

解決方法、ご提案

調査にお伺いしたところ、熱割れ(※)が原因とみられる50㎝ほどのヒビが見られましたので
破損部分のガラスは新規に交換させて頂きました。
新規のガラスは取付け前に、側面に錆止め塗料を塗布してあります。

※熱割れ
網入りガラスについては、網を封入していることから、日射や暖房器具の影響によりガラスと網の温度が上昇した際、高温な部分と低温な部分の膨張率の差によって生じるケースがままあります。

お客様の声

新型コロナウイルスの流行に伴い、工事を施工するかお伺いさせて頂きましたところ
お客様のスケジュールのご都合もあり、マスクや換気、交換工事の場所を室外にするなどの対策を
取らせて頂いた上で施工しました。

極力不要な会話は避けつつ、できるだけ短時間で施工するよう意識しての対応でしたが
お客様より迅速に、かつ気を使っていただいての施工で助かりましたとのお言葉を頂きました。

八王子市生涯学習センタービル5階展示室雨漏り修繕工事

物件カテゴリー|,  施工箇所カテゴリー|, ,

施工前

既存ゴムシート撤去作業中の様子

シーリング材打ち込み作業中の様子

シーリング打替え施工後

施工部位、工事 雨漏り修繕工事、シーリング打替え工事
地域 東京都八王子市
施工期間 2020年3月5日~3月6日

依頼事項、困っていたことなど

以前職員の方が修繕をされたこともある展示室の天井から雨漏りが再発し、今回は業者の施工を希望したいという事から、八王子市から数社に見積りの要請があり、結果弊社が受注いたしました案件です。

解決方法、ご提案

雨漏りのある天井には網入りガラスの天窓が設置してあり、天窓の外壁ぎわには前回の補修の際に貼った15mほどの防水ゴムシートとシーリングの跡も残っていました。
今回の漏水も同じ箇所からでしたが、窓枠のパネル廻りやゴムシートで隠れたタイル壁面の取り合いに施工してあるシーリング部分の劣化が原因とみられ、室内に漏水が発生している様でした。
今回の修繕作業は、漏水部分を覆っているゴムシートを撤去し、各シーリング部分を打替え、取り合い部をしっかり密着させることで雨の侵入を防ぐといった施工内容です。

施工場所は11階建てビルの5階となり、天窓は5階バルコニーからさらに5mほど上に位置しており、高所作業となりました。
そのため、物の落下に留意するのは勿論のこと、親綱、安全帯の装着など、作業の安全性を充分に確保し施工させていただきました。

お客様の声

前回の漏水の際は、職員が外壁側から修繕を行いましたが、やはり完全に補修を行うのは難しいと感じました。
今回熟知した業者さんに依頼をし、漏水を治めて頂けたことでとても安心しました。
有難うございました。

東京都渋谷消防署S出張所外壁その他改修工事

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|, , , , ,

外壁補修・塗装工事 : 施工後

屋上防水工事 : 施工後

シャッター取付け工事 : 施工後

倉庫 塗装工事・屋根解体撤去、折半屋根、破風取付け工事 : 施工後

施工部位、工事 外壁補修塗装工事、屋上・庇部防水工事、シーリング工事、鉄部塗装工事、シャッター取付け工事、駐輪場・倉庫屋根交換工事、照明器具交換、花壇植栽植替え、屋根材(石綿含有建材レベル3)解体処分
地域 東京都渋谷区
施工期間 2019年11月12日~2020年2月21日

依頼事項、困っていたことなど

改修内容としては、建物の外壁のひび割れが酷くなり汚れも目立ち、鋼製建具(大戸)の戸閉まり不良があるため、外壁の調査および補修、鉄部の塗装、鋼製建具(大戸)の交換、付属棟の屋根の葺き替え、庇の天端と屋上平場(パラペッド部含)の塗膜防水。

解決方法、ご提案

今回、塗装工事、防水工事を含め複合的に改修工事をさせて頂きました。

①建物の外壁は足場を用いて打診調査と、クラックスケールを使用してのひび割れ調査を実施後、不良箇所をまとめた調査報告書と施工(補修)計画書を消防庁に提出、承認を経てから外壁の補修を施工しました。

②外壁の浮き部分は開孔しエポキシ系樹脂を注入、ひび割れ部分は幅0.2mm以上のものはUカットを行い、可とう性エポキシ樹脂を充填してからポリマーセメントにて平滑に仕上。過去にUカット補修した箇所も、削り直して同様の処理を行いました。欠損部分は樹脂モルタルを使用し成形補修を施工。外壁補修の完了後に可とう形複層塗材にて芸壁の仕上げ塗装を実施。サッシ廻りや建物の入隅部分はシーリング打ち替えでの施工になりました。

③鉄部は正面の大戸、耐震フレーム、屋上手摺等を全面ケレンした後に耐候性塗料にて塗装を行いました。
付属棟の既存屋根は石綿含有建材のレベル3との指定でしたので、囲い養生とともに飛散防止材を吹付ながら防護服での解体作業を行い、解体材は二重に梱包して特別管理廃棄物として搬出及び処分を実施。計画図には破風の設置が無かったので、屋根の解体前に破風の設置案を消防署に提出し、承認後に折板屋根と共に破風の取付けも実施しました。

④庇と屋上は全体に補強クロスを用いてウレタン塗膜防水を施工しました。

⑤鋼製建具の交換にて、当初は吊り建具を計画とされていましたが、受注後の現地調査にて吊り金具設置予定の箇所に庇があるため計画図面通りに建具の設置が出来なくなるという事例が発生。弊社からの代案としてシャッターの設置をご提案。計画書を作成・提出し、承認を得てからシャッターレール下地となる鋼製角材をあと施工アンカーにて取付けてからシャッター本体を設置しました。

⑥正面の花壇もひび割れや欠損が生じている所を補修し、外壁と同様に可とう形複層塗材を塗布。植栽も枯れていましたのでサツキとオオムラサキツツジに植替えました。

お客様の声

「色々と問題が生じて申し訳ありませんでした。建物も綺麗に仕上がってます。有難う御座いました。」

相模原市中央区Kハウス小修繕工事

物件カテゴリー|,  施工箇所カテゴリー|, , , , , ,

庭園灯破損状況

庭園灯交換工事完了

散水テストによる漏水の様子(2F部屋内)

高所作業車を使用しての漏水箇所補修工事施工の様子

施工部位、工事 庭園灯、2Fサッシ廻りシーリング、バルコニー内パーテーション、部屋内浴室照明設備補修
地域 相模原市中央区
施工規模 159世帯の鉄筋造5F建て
施工期間 2018年11月

依頼事項、困っていたことなど

HPをご覧いただき、台風によって建物に被害が複数発生したとのことで対応の依頼が可能かと、お電話でご相談がありました。

①10mほどの木が倒木し庭園灯を破損
②バルコニー内のパーテーションも1枚破損
③窓廻りからの漏水

また、浴室のつかなくなった照明の交換を追加でご依頼がありました。

解決方法、ご提案

①庭園灯については、既存製品が廃盤となっていた為、後継機でのご案内をさせていただきました。
②パーテーションについては、新設の話をさせていただいたところ、もう使わない部屋があり
そちらのパーテーションを代用できないかとのご依頼があった為、撤去→別部屋への付け替えで
施工致しました。
③窓廻りについては、高所につき高所作業車にて散水テストを実施し、原因箇所を特定したのち
シーリングにて補修をさせていただきました。

東京都武蔵村山市Sアパート屋根外壁他修繕工事

物件カテゴリー|,  施工箇所カテゴリー|, , , , , , , ,

全景

外壁タイル張替え施工中

外壁タイル:クリヤー塗装(艶消し材)塗布施工中の様子

バルコニー上裏(漏水箇所)張り替え工事(既存上裏撤去後の様子)

施工部位、工事 屋根塗装工事、外壁塗装工事、外壁タイル部分補修交換工事、軒天張替え工事、雨樋塗装工事、開口部シーリング工事、駐輪場塗装工事
地域 東京都武蔵村山市
施工期間 2018年8月27日~10月24日

依頼事項、困っていたことなど

当社ホームページをご覧になられ、お問合せを頂きました。
ご相談は、千葉県在住のご依頼人様が所有していらっしゃる、武蔵野市にある築年数12年のアパートの修繕工事として、屋根塗装工事、外壁タイルの補修、塗装工事、ベランダ防水工事での内容になりました。

また、空室となっている1部屋については天井から漏水が発生しており、1度他の業者さんで工事をしたが漏水が止まらなかったとのことで、こちらの再補修もご依頼いただきました。

解決方法、ご提案

①外壁のタイル部分
ひび割れや浮きが多数見受けられた為、外壁はタイル全面打診調査を行い、補修と一部タイル交換を施工した上でクリヤー艶消し材仕様での塗装工事をご提案しました。

②ベランダ防水工事
複数世帯で漏水の現象が見られましたので、トップコートのみの塗替えではなく、ウレタン塗膜防水での施工をご提案させて頂きました。

③部屋内漏水修繕工事
お部屋の内側から漏水箇所の天井を開口させて頂き、屋根から散水テストを行い漏水原因箇所を特定、その後補修工事をご提案させていただきました。屋根は折板屋根となっており、葺き替えの話もでましたが、ご予算との兼ね合いもあり漏水箇所の補修工事となりました。

★追加ご提案
④一部コロニアルの屋根があったのですが、そちらに雨樋がついておらず、落ちた雨水が跳ね返りタイル面を汚しておりました。こちらに関しては軒樋の新設をご提案させていただき、施工致しました。


八王子市S様邸屋根外壁他塗装工事(八王子市補助金利用)

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|, , , , ,

施工前:全景

施工後:全景

屋根:ヤネ強化プライマーEPO塗布後アレスクールシーラー塗布施工中の様子(下塗り2回)

外壁:既存目地シール撤去後の様子

施工部位、工事 屋根塗装工事、外壁塗装工事、鉄部錆止め塗装工事、外壁シーリング交換工事、雨樋塗装工事、ベランダトップコート塗布工事
地域 東京都八王子市
施工期間 2017年5月23日~6月9日

依頼事項、困っていたことなど

S様より、早急に「屋根外壁の塗装見積り」をお願いしたいとの事でご連絡を頂きました。
早速現地調査でお伺いさせて頂きましたが、お話によると他の業者さんで出ている見積りから契約までの期間が短いそうで、急いで当社に相見積りのお声がけを下さったという事でした。

現地調査での診断結果としては、特に外壁シーリングの傷みが進んでいたため緊急対応の必要性がありました。

解決方法、ご提案

お住まいの診断結果と併せて、泉建装での施工方法と使用塗料についても詳しくご説明させて頂きご家族の皆様でご相談頂きました。
施工のご依頼を頂き、実際の着工日までの間、心配のあるシーリング箇所については応急処置として一度その上からシーリングの重ね打ちで水の侵入を防ぐ作業を行い、本工事で打替えでの施工を行いました。

屋根塗装の仕様は遮熱性が高く、屋根の温度上昇を制御する、弱溶剤形2液アクリルシリコン樹脂塗料「アレスクール2液Si」(関西ペイント)をご提案させていただきました。
泉建装の屋根塗装は「最低でも下塗り2回」を標準仕様としていますが、今回は下塗り1回目の作業として「ヤネ強化プライマーEPO」を塗布し、脆弱部の強化と吸込みを止めを行い、効果が確認できた後、アレスクールシーラー(下塗り2回目) ⇒ アレスクール(上塗り)を2回施工しています。乾燥時間(オープンタイム・インターバル)もしっかりと守っていきます。

外壁については、「アレスダイナミックトップ」(関西ペイント)をご提案させて頂きました。
特徴はフッ素樹脂に迫る高耐候性塗料であり、塗膜を破壊する紫外線から外壁を護る「ラジカル制御型」の塗料になります。

今回の施工は、八王子市が毎年交付している補助金【八王子市居住環境整備補助金】(長寿命化改修工事)を利用しての工事となりました。

お客様の声

「八王子市の補助金を利用できでよかったです。分かりやすくご説明頂きありがとうございました。
丁寧に仕事をしていただきました。」

八王子市大船町E様邸屋根外壁塗装工事(八王子市補助金利用)(屋根:ダイヤスーパーセランマイルドIR)

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|, , , ,

屋根塗装作業風景

開口部廻りシーリング作業風景

屋根施工後

施工後

施工部位、工事 屋根・外壁塗装工事、シーリング工事、ベランダトップコート工事
地域 八王子市大船町
施工期間 2019年8月21日~9月6日

依頼事項、困っていたことなど

お住いも築11年目に入り、シーリング部分の劣化等気になる箇所もでできたとの事からご相談を頂きました。
ハウスメーカーでの10年点検と、今年の再点検で説明を聞かれた上で

①地域に根付いている
②改修工事の実績が多数あり安心して任せられる

というポイントから複数社の中の1社としてお声がけ頂きました。

※②についてはHPにも記載のある
A.建設業許可の有無
B.公共事業の実績の有無
C.国交省の認定団体会員の有無
をご参考にされたとのことでした。

専用機器を用いた現地調査→その内容を元に診断結果を作成→その結果に基づいた改修プランのご提案

という流れの中で、他社と比べ提案内容や御見積の内容にしっかりと理由があり、10年後20年後のメンテナンスサイクルまで考慮されていた内容であったこと、また施工管理体制がしっかりしている(専用のアプリを使った工事の管理)ポイントを評価いただき、工事のご依頼を頂きました。

解決方法、ご提案

今回は工事の費用負担を少しでも軽減させる為、八王子市で交付する補助金「八王子市居住環境整備補助金」の第二期を活用させていただきました。(書類準備から申請も泉建装にて対応)

塗装の仕様としては、次回のお手入れ時期の事も考え、元々状態があまり良好ではなく、外壁と比較すると劣化速度の速い屋根には、耐久性のあるダイヤスーパーセランマイルドIR(遮熱無機塗料※期待耐候年数25~28年)をご提案させていただきました。

外壁については、施主様のご意向もありアレスダイナミックトップをご提案させて頂きました。
フッ素樹脂に迫る高耐候性塗料となっており、塗膜を破壊する紫外線から外壁を護る「ラジカル制御型」の塗料となっておりますが、図面中に高断熱型窯業サイディングという言葉があった為、旧塗膜をラッカーシンナーにてテスト拭きをして問題が発生しないことを確認した上で使用致しました。
※高断熱型窯業サイディングは普通に塗装してしまうと、いくつかの条件が重なることにより塗膜の膨れが生じる可能性があります。図面やメーカー仕様書をしっかりと確認し、正しい知識を持って塗装をすることは、当たり前の様で実は多くの塗装会社が出来ていないのが現状です。

施工のこだわりポイント
☆屋根は劣化状態を考慮し4工程(下塗り2回)
☆屋根にはタスペーサー設置
☆スリムダクト一時撤去してからの塗装
☆雨樋の集水桝など一時撤去してからの塗装
☆付帯部へのアクセントカラー塗装(カラーシミュレーションによるご提案)
☆せっかく足場があるので、外側からのガラスクリーニング
☆サイディングの打継シーリングの1Fと2Fで色替え
※シーリング工事をした後の塗装工事だったのですが、万が一将来、地震などでシーリングの上の塗膜にヒビが入った場合(シーリング上のひび割れであれば漏水の心配はございません)、2Fのこげ茶の外壁か所に白のシーリングが出てしまっては目立ってしまう事を考慮し、色を変更しました。

お客様の声

まずは無事に工事が完了してほっとしています。

工事をしようと決めてから完了するまで、1番大変だったのは会社選びだったように思います。
複数の塗装会社に見積もりを依頼しましたが、他の担当さんは工事について質問をすると答えられなかったり、納得がいかない説明をされたりと会社選びにだいぶ苦戦しました。

そんな中で、調査結果の報告から提案内容の徹底さ、わかりやすさ、そして施工管理体制がしっかりと整っており、工事について「プロフェッショナル」を感じた泉建装さんに出会い、お願いすることにしました。
正直、ほかの塗装会社と比較対象にならないほど、その提案内容は満足のいくものでした。

実際に工事が始まると職人さんも笑顔がさわやかで、そして仕事も丁寧。
本当に最後まで気持ちのいい工事ができて家族全員満足しています。

未来を見越した工事ができたので、しばらくは家にお金をかけなくてもいいのかなと思いつつ
将来また塗り替えの時期が来た際には、絶対にまたお願いしたいと思います。

防衛省M局Z事務所 屋上防水改修工事

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|, ,

施工前

立上り仮防水後下地調整材塗布

架台ウレタン塗膜防水メッシュシート補強状況

平場改質アスファルトシート防水トーチ工法施工状況

施工部位、工事 屋上防水の改修および笠木廻りのシーリング
地域 神奈川県大和市鶴間
施工期間 2018年2月7日~2018年3月1日

依頼事項、困っていたことなど

屋上防水の改質アスファルトシート改修と笠木廻りのシーリング打設工事。

解決方法、ご提案

官公庁舎の改修工事の一環の改質アスファルトシート防水による屋上防水改修工事で、立上りの既存シート撤去後に撤去部小口とも仮防水を施し、下地調整材としてポリマーセメント塗布。プライマー塗布後に改質アスファルトシートをトーチ工法にて溶着。架台等の役物はウレタン系の塗膜防水で処理してます。笠木との取合はシーリングを施し完了としています。

新宿区N集合住宅新築工事

物件カテゴリー|, ,  施工箇所カテゴリー|, , ,

内部塗装施工前

内部塗装完了

防塵塗装完了

屋上防水完了

地域 東京都新宿区西新宿
施工規模 屋上防水、外部シーリング、鉄部及び内部塗装、防塵塗装工事
施工期間 2018年4月21日~2018年6月29日

依頼事項、困っていたことなど

新築集合住宅の屋上防水(塩ビシート絶縁断熱)、外壁打継目地及び役物周囲・サッシ廻りシーリング、鉄部及び内部塗装、防塵塗装工事。

解決方法、ご提案

低層集合住宅の新築工事にて、屋上防水と外壁の目地・役物廻り・サッシ廻りのシーリング、部屋内及び鉄扉等の塗装を担当しています。屋上防水は絶縁塩ビシート仕様で30mmの断熱材仕様。開口部が数か所あるため、押え金物にて端部を固定。
部屋内は天井及び壁面のプラスターボード下地をパテで扱いてからの塗装仕上げ。
木部はOS塗装にて着色、鉄部は玄関ドア廻りと手摺等をSOP塗装を施しています。
外壁の打継目地やガラリ等の役物、サッシ廻りの他にポストボックスの取合や各居室の玄関の上がり框やキッチン廻りにシーリング打設を行っています。
共用部の階段室の踏面と外聞ゴミ置場の床面防塵塗装の追加が発生したので、これにも対応をしています。

J浦和店シーリング打設工事

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|

施工中外観

外壁シール打設前(マスキング養生状況)

外壁シール打設前(マスキング養生状況)

追加外壁シール打設箇所

施工部位、工事 外壁打継目地、笠木取合い、鉄扉枠のシーリング
地域 埼玉県さいたま市桜区
施工期間 2018年2月9日~2018年2月28日

依頼事項、困っていたことなど

リニューアルに向けての改修工事にて外壁目地や笠木の取廻し等のシーリング打設。

解決方法、ご提案

店舗のリニューアル工事の一環にて、当初は外壁のアルポリックパネルの打継目地のみを変性シリコン系にて打設。その後、壁面塗装箇所の塗り下と鉄扉枠、外構廻りのシーリングの追加があり、ウレタン系のシーリングで対応。鉄扉枠のシーリング打設は現場の都合上により日程の変更が続きましたが、別の職人を手配しこれを対応しています。

お客様の声

急な日程変更に対応して頂き感謝して頂きました。

Page 1 of 41234