よくある質問

検索ワード

カテゴリー一覧


『スーパーセランで塗り替え』を泉建装ですると何が違うのか?

|カテゴリー: , , , ,

以下【1.~6.】の様な会社が【7.】の様に施工し【8.】の保証をすること。これが他社との違いの概要です。

1.塗装工事を行う上で社会的(公的)な信用を担保できている
(1)建設業許可業者
(2)公共工事入札参加資格業者
(3)国交省告示の住宅リフォーム事業者団体登録業者


(4)塗装関連団体加盟業者(東京都塗装工業協同組合相模原塗装協同組合
(5)従事者の保有資格(建築士、建築施工管理技士、塗装技能士など)

2.スーパーセランシリーズに携わった年数と施工実績数

3.製造メーカーの推奨施工店
東京都の推奨施工店として紹介されています。詳しくはコチラ⇒㈱ダイフレックス推奨施工店

4.ダイヤスーパーセランフレックス認定施工店

5.建築塗装全般を取り扱う、高い専門能力を有した専門部署がある
(1)技術者の能力差
塗料は半製品、製造・加工途中であって塗装という工程を経て最終製品の塗膜となります。したがってスーパーセランの塗膜性能を最大限発現させるためには、ただ対象物を塗れるだけの技量では不充分で、各工程で使用する塗料の塗り重ね時間の制約などの知識や塗料を薄過ぎず厚過ぎず均一に塗る知識や技術が必要であり、一朝一夕で習得することはできません。当社代表は3代続く塗装職人の家系でもあり、建築塗装全般を網羅できるだけのノウハウと技術力を長い年月培ってきた実績がある。


(2)専門の技術者としての姿勢
本物の職人は伝統や歴史を重んじ、決して基本を軽んじません。残念ながら現役の職人と呼ばれる大多数はこういった知識や技術に触れる機会が少なく、基礎水準に乏しい方ばかりです。したがって当社では、塗装の専門学校や資格取得を斡旋するなど、基礎を最も重要視した指導・教育体制を構築し、基本に忠実で安定した塗装技術を確保している。

6.ワンストップ対応
塗装以外の建物全般の修繕も、便利屋さん程度の品質ではなく、建築全般の公共工事入札参加業者であることから、国交省の定めた公共建築工事標準仕様書に基づいた高いクオリティーで提供することができます。
つまり、部位ごとに都度お施主様が別業者を探し発注する(分離発注)といった煩わしさを、建物全般を安心して任せる事ができるので、外回りの不安を1回の塗り替え工事で解決する事ができます。

7.施工内容
当社スーパーセランシリーズのスタンダード仕様での違い
(1)調査・診断
①目視や感のみに頼らず、専用の機器などを使用し調査を行う。
②ヒアリングを通じて、施主様が気づかれていない潜在的なリスクやニーズに先回りし、課題を具現化する。
③できる限り、客観的な視点で診断書を作成し、塗り替えの必要性をも判断します。
(2)施工計画
①“騒色”にならない周辺環境にも配慮したカラーシミュレーションを提案する。
②調査・診断に基づいて当社工事部施工管理課も交え施工計画を立案する。
③ヒアリングで深掘りした施主様の意向をできる限り反映させ、施工計画を提案する。
(3)屋根塗装
①高圧水洗浄は規定の運行速度にて脆弱な塗膜のケレンも兼ねて行い、最終的に飛散した塵なども洗浄水の圧力を落とし再度洗い流す。


②棟板金のサビ止めを欠かさず行う。※意外にもサビ止めを入れずシーラーのみの業者が多い。


③シーラーは2回以上必須。過酷な環境に曝される部位であることからも、部位の吸込みが無くなるまでこの工程を行う。また、中塗りに移行途中で降雨があった場合は再度この工程を行う。
④タスペーサーの設置。屋根材の通気を確保し、屋根の構造のコンディションを良好に保つ。


(4)サイディング外壁の目地
①撤去はサイディング板を傷めないギリギリまでコーキングの撤去を行い、打ち替えの効果を最大限にする。


②コーキングは期待耐用年数30年のオートンイクシード標準仕様。

詳しくはこちら⇒オート化学工業㈱
(5)外壁共通
①サッシ廻り(3方向)コーキング。
②ひび割れハンドスムーサーによる補修。(規定数量)ひび割れに対しUカット・Vカットをせず、ノーカットで1液弾性エポキシ樹脂を圧入します。ひび割れ幅を拡張させないため、補修跡がほとんど目立ちません。


(6)施工管理
①日常施工管理は事前に計画した品質水準が履行されているか、施主様の要望や意向が反映されているかを適宜担当者が巡回を行い確認する他、専用のアプリによって職人と情報共有を行っている。
②検査は中間検査(最低でも1回)、完了前検査、是正確認を実施している。

8.保証体制
(1)メーカーと共同で10年の保証

 

▼スーパーセラン特設ページはコチラ▼

▼関連記事▼

外壁の補修やリフォームって必要なのー?

 

屋根やバルコニーの床とか補修やリフォームが必要な理由とは?

住宅塗り替えカラーコーディネート例