よくある質問

検索ワード

カテゴリー一覧


リフォーム業者の選び方とは?

|カテゴリー:


”その選び方で本当に見極めることができますか?”

業者が自己都合でアピールする選び方だけでなく、
公的な裏付けも合わせて選ぶと安心です。


外壁塗装やリフォームを検討する際に、必ずしなければならないひとつが工事業者の選定です。
また、様々なサイトで『良い業者の選び方』などが紹介されておりますが、その答えも業者の数だけ様々あり、決め手に欠けなかなか答えが得られず、モヤモヤしてしまうものです。
ここでは、行政が消費者にとって優良業者を選びやすくするための制度や公的な側面からみた信用度を指針とし紹介させてもらい、皆様の業者選定にお役立て頂きたく思います。


条件01 建設業許可を取得している


建設業許可とは、建設業法とうい法律の第1条の目的規定で、
「この法律は、建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化等を図ることによって、建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、もつて公共の福祉の増進に寄与することを目的とする。」
と定められており、「適正な施工の確保」と「発注者保護」を宣言しています。
したがって、この目的からも建設業許可を受けている工事業者は、きちんとした仕事ができる会社の公的な証明であり、許可の有無は充分な判断基準のひとつと言えます。
くわしくはコチラ⇒リフォーム業者・外壁塗装業者の選び方その1(建設業許可)


条件02 公共工事の入札参加資格を持っている


公共の入札へ参加するためには、一定の参加資格要件を満たし、且つ厳正な審査を通過した事業者のみが参加することができます。
くわしくはコチラ⇒リフォーム業者・外壁塗装業者の選び方その2(入札参加資格取得業者)


条件03 国交省告示の住宅リフォーム事業者団体に登録している


上記ロゴの住宅リフォーム事業者団体登録制度とは、国土交通省の告示により平成26年9月1日に消費者が安心してリフォームを行うことができる環境の整備を図るために創設されました団体です。
住宅リフォーム事業者団体に登録を行うには相応の基準を満たす他、常に新しい消費者に合った品質やサービスやモラル水準を保つことを目的に、定期的な講習を継続的に受講する必要があります。

くわしくはコチラ⇒リフォーム業者・外壁塗装業者の選び方その3(国土交通大臣登録団体)


まとめ


他にも業者の選び方については工事実績だとか様々ありますが、その数多くある見解の一つとして、業者選択の可否の参考にして頂ければと思います。


こちらの関連ページもご覧ください

▼マンガで分かる!塗り替えストーリー!▼

▼当社が塗り替えで採用される理由はコチラ▼

 

相模原市、昭島市、立川市、町田市、多摩市、日野市、八王子市にて屋根塗装・外壁塗装リフォーム工事のご相談、お見積りでしたら企画・設計・販売・管理・施工の一貫体制で、お得と評判な【有限会社泉建装】まで先ずはご連絡下さい。調査・診断・お見積りは無料です。

住まいのことで感じる
「高い」「困った」「めんどくさい」から
あなたをお助けする改修工事の専門チームです。