施工実績

検索ワード

物件カテゴリー


施工箇所カテゴリー


狛江市 材料置場用地フェンス設置工事

物件カテゴリー| 施工箇所カテゴリー|,

施工前

メッシュフェンス設置完了

施工中

目隠しフェンス設置完了

施工部位、工事 既存仮設フェンス撤去後、メッシュフェンス及び目隠しフェンス設置、門扉3か所設置等
地域 東京都狛江市元和泉
施工期間 2018年10月5日~2019年2月15日

依頼事項、困っていたことなど

既存フェンス及び仮設フェンス撤去後にメッシュフェンス及び目隠しフェンス設置、フェンス基礎打設、アスファルト舗装打設、門扉3か所設置、注意看板設置工事。

解決方法、ご提案

官公庁の案件になります。弊社への発注の前に他の業者が途中まで施工していたとの事で、万年塀が建ってところがB型バリケードを使用した仮設フェンスが設置されたままになっていたので、この部分の解体から工事を始めています。
また、万年塀も柱や基礎が全て撤去されてていなかったり、使用されていないコンクリート塊や配管・配線等が地中に埋まった状態、いわゆる地中障害が発生したために工程を組み直しながらの作業となってしまいました。地中障害等の問題が生じた際には、現場監督員様に報告し、協議しています。メッシュフェンスの基礎は既製品の基礎ブロックを使用し、モルタルにて固定。目隠しフェンスは連続基礎のため、根切り、砕石敷き、捨てコンクリート打設を行い、配筋組みと型枠組みの際は現場監督員様に立ち会って頂きながら、配筋のピッチやかぶり厚等のチェックをし、寸法等の写真を撮影して記録を残しています。
居住区のアコーディオン門扉は3か所設置。基礎は深さ55cm分床掘りし、砕石を5cm厚分入れてから転圧。その後にコンクリートを50cm打設しています。十分に硬化した後に仕様書に沿って、アンカーやボルトを用いて支柱を固定。左右の支柱の高さを調整しながら本体を取付け、固定用のスライド棒のための穴を土間に開孔し完了。
地中障害の影響で工期が危ぶまれましたが、工期内に完了する事が出来ました。