よくある質問

検索ワード

カテゴリー一覧


  • リフォーム業者・外壁塗装業者の選び方その1(建設業許可)

    • 昨今、業者の選び方については様々なHPなどで色々と情報が得られると思いますので、これも数多くある見解の一つとして片隅にご記憶頂ければ幸いです。

      ずばり建設業許可業者であること!

      ①建設業を行うには、原則として、請け負う工事の種類ごとに許可を受けなければなりませんが、軽微な建設工事(小規模工事)のみを請け負う場合は、建設業許可を受けなくとも営業できるものとされています。しかし近年、悪質なリフォーム業者などが増えたことから、たとえ軽微な建設工事しか営んでいない建設業者であっても、発注者側から建設業許可の取得を発注の条件とされるケースが増えています。

      ②「建設業許可」の目的は顧客の保護にあります。というのも、建設業の仕事は専門的な知識・経験がなければ、提供されるサービスや品質の成否や良否が分かりづらいため「建設業許可」を得ていることで、きちんとした仕事のできる会社であることを公的に保証するといったJISのような意味合いを持ちます。

      ③法人・個人を問わず一定の要件を満たせば取得可能な許可であることから、例えば塗装業を営む者が一定の要件を満たしているにも関わらず、塗装の許可を取得しないのは塗装業を営む上で社会的責任が希薄であると判断することができます。(取得しない理由がわからない)

      ※ちなみに①の原則からも建設業法上で言うと、何らかの建設業を無許可で行っている者については「営む者」とし表現されていますが「建設業者」との表現されてはおりません。つまり無許可の業者は建設業者ではないことになります。(建設業の許可は、建築一式工事や塗装工事、防水工事など29の建設工事の種類ごとに分かれています。)

      ※補足として、独立したての業者さんは一定の要件である「経営業務管理責任者」の資格要件である「5年以上の経営経験を有すること」に該当しない場合があり、許可取得ができない事があります。この場合に限っては技術的に関係のない要件でもあるので、弊社の業者選びの条件からは外れます。

  • リフォーム業者・外壁塗装業者の選び方その2(入札参加資格取得業者)

    • 昨今、業者の選び方については様々なHPなどで色々と情報が得られると思いますので、これも数多くある見解の一つとして片隅にご記憶頂きたく、またこの回答については、より安心を得たい方だけに有益な回答であると思われますので、ご理解ください。

      公共工事入札参加資格取得業者であること

      ①参加資格の取得には一定の要件を満たす必要がある。

      ②国交省の定めた公共建築工事標準仕様書に基づき施工ができる技術力がある。

      ※この標準仕様書とは、国土交通省官庁営繕部及び地方整備局等営繕部が官庁施設の営繕を実施するための基準として制定されたものです。

      ③公共工事は、常に厳しい管理水準で工程管理・品質管理・安全管理を求められることから、施工においての倫理観やモラール水準が高い。常識の基礎水準が高いことからコンプライアンスに基づいた品質を供給することができる。

      ④建築で取得している。

      ※建築で取得しているのは、多工種において幅広い知識と技術が公共工事を担える水準であると評価されているため。

       

  • リフォーム業者・外壁塗装業者の選び方その3(国土交通大臣登録団体)

    • 住宅リフォーム事業者団体登録制度をご存知ですか?

      消費者が安心してリフォームを行うことができる環境の整備を図るために、国土交通省の告示による住宅リフォーム事業者団体登録制度が平成26年9月1日に創設されました。

      詳しくはコチラ⇒住宅リフォーム事業者団体登録制度について

      この事から業者選びの判断基準のその3は、住宅リフォーム事業者団体登録制度に基づく、国土交通大臣登録団体の会員であることです。

      こういった団体に登録を行うには相応の基準を満たす他、定期的な講習を継続的に受講する必要があることから、モラール水準が常に新しく保たれ消費者に合った品質やサービスを提供することができるからです。

  • 重層下請構造とは?

    • 建設業界の生産機構は、元請にあたる建設会社と第一次、第二次、第三次下請会社にあたる専門工事会社とで構成されています。この状態が重層下請構造です。
      発注する工事会社が大手の建設会社でも、専門工事会社に直接であっても、実際に現場の工事をするのは専門工事会社の職人さんがほとんどです。

    カテゴリー|

  • 工事会社を選ぶ時のポイントを教えてください。

    • 以下の3つのポイントで確認してみてください。
      1.見積書を比較する 見積書の内容と単価を比較します。見積項目に記載されている内容表示があいまいな場合、明確にできない、またはしたくないというケースもあります。詳細な仕様まで提出してもらい検討しましょう。

      2.スタッフのアドバイス
      工事会社へ出向き、要望を担当者に話しましょう。
      その際に要望をきちんと聞き入れてくれているかどうかをチェックしてください。要望に対してお客さまに適切なアドバイスをしてくれるスタッフがいる会社を選ぶことが大切です。

      3.アフターフォロー体制
      工事が竣工した後のアフターフォロー体制も大切なポイントになります。工事に対する保証制度があるか、アフターフォロー体制、対応方法についても事前に確認してください。

      豆知識

      工事内容の良し悪しは見積総額ではなく、直接工事費の価格が反映します。工事費用の内訳は大きく分けると直接工事に掛かる直接工事費と現場を管理するために掛かる管理費などの諸経費とに分けることができます。
      どちらも必要な内容に間違えはありませんが、直接工事費が実際の工事に掛かる材料や職人さんへの費用となり、工事の内容に大きく関わる部分といえます。

    カテゴリー|

  • 大手建設会社と専門工事会社。どちらを選べばよいでしょうか?

    • 工事会社は大きく分けると大手建設会社と専門工事会社の二種類があります。
      大手建設会社の場合は、世帯数の多い大型マンションを得意とし、ブランドイメージによる安心感、対応力がありますが、工事自体は下請け業者(=専門工事会社)が行うため、中間マージンがかかり、高コストとなる傾向にあります。

      反対に専門工事業者は直接施工・管理を行うため、中間マージンがかからず高品質低価格の工事を提供することができます。ただし、大型マンションなど大規模な工事は実績が乏しく対応が難しい場合があります。

      これらをふまえて、お住まいの建物の規模や工事の内容、ご予算に合った工事会社を選択することが重要です。

      大手建設会社の場合

      メリット
      何百世帯というような大型物件の実績が豊富で、さらに大手ならではのブランドイメージが定着しているため、総合的な安心感と対応力があります。
      デメリット
      重層下請構造上、中間マージンが掛かり高コストになるため、予算が少ない小・中型のマンションの修繕工事には向かないところがあります。
      得意な工事

      世帯数の多い
      大型マンション

      専門工事会社の場合

      メリット
      専門工事会社が施工、管理を直接行うことにより、重層下請構造上の中間マージンが掛からないため、質を落とさず低コストで修繕工事を行うことができます。
      デメリット
      大型マンションなどの実績が乏しく、大規模な修繕工事を行う場合には大手建設会社の対応力には及ばないところがあります。
      得意な工事

      50世帯以下程度
      小・中型マンション

  • 工事会社はどうやって探せばいいですか?

    • 1.以前依頼したことのある会社に声をかける。
      2.地元地域の評判の良い会社を聞く。
      3.インターネット、専門誌などを利用する。

      多くの会社が現場の調査や見積りを無料で行ってくれます。工事会社の比較をするためにも複数社に調査と見積りを依頼することが修繕工事を成功させるための秘訣です。

      また、以前に工事をしたことがある場合でも他の会社からの提案を受けてみるのも良い方法のひとつです。仕事を獲得するために提案面でもコスト面でも努力をしてくれる会社もあります。

    カテゴリー|

Page 1 of 11