トピックス

『避難ハッチ』いざという時使えますか?

|カテゴリー: トピックス

避難ハッチまとめ


集合住宅やマンションのバルコニーに設置してあります『避難ハッチ』。
建物の共有部分でありながら実質、居住者の専有部分となってしまっている部分である事から、建物オーナーや管理組合などの管理者の目が行き届かない事や、非常時の様な必要に迫られないと重要性を感じる事ができない設備となると、点検や整備は後回しになりがちで、劣化の状態を見逃すケースが多いようです。

この記事では、泉建装のHPをご覧頂き、実際に建物オーナーや管理者の方からお問合せがあった内容や対応などをまとめてみましたので、建物に「避難ハッチ」を設けている方は参考にしてください。


避難ハッチの役割とは



避難ハッチには、避難はしごが収納してあり、災害時などに下の階に避難することができる避難器具です。

使用する機会がないことが何よりなのですが、「台風」や「火災」など何時、災害に見舞われるかわかりません。
対策と防災訓練は定期的に行うと安心です。


実際の対応



▲表側
この事例は、とある管理組合の理事の方より大規模修繕を考えているとの事で、他に3社ほど相見積もりを取り比較検討したいとの事で、現場調査を行い避難ハッチの状況を管理組合様に報告とカバー工法の提案をさせていただき、大規模修繕工事に含め、工事のご依頼をいただきました。

手順として先ず、現状の確認と既存のサイズに合わせた特注扱いとなるので、採寸が必須となります。
表側もかなり傷みは出ておりますが、内側は・・・


▲内側
開けてみると、かなり腐食が進んでいることが一目で確認できる状態です。非常時に使用できるのか・・・。

このように表側の劣化状況より、内側の劣化の方が進行しているケースがほとんどです。
ですので、この記事で紹介した表側の劣化状況の画像が、交換時期のひとつの目安になると思われます。

▲取付中

▲設置後
こんなにきれいにしあがります。

▲作動試験
設置後は作動試験を行い、引渡しとなります。

いざという時、サビなどの劣化で避難ハッチが開かない! という事などないように日頃から点検もかねて確認してみて下さい。

泉建装では、避難ハッチのみの新設・交換工事も施工しております。
ハッチは、現況の寸法に合わせた特注の受注生産となりますので、必ず現地で対象物の調査が必要になります。
調査・診断、お見積りは無料です。お気軽にお問合せ下さい。



こちらの関連ページもご覧ください

◆相模原市Mハイム避難ハッチ交換工事

◆八王子市長沼町Mマンション避難ハッチ設置工事

◆昭島市メゾンドN大規模修繕工事(避難ハッチ設置)

 

▼その他のハッチ施工事例▼

◆立川市L・F屋上ハッチ交換工事

◆世田谷区Mマンション屋上ハッチ(点検口)交換工事

 

こちらの関連ページもご覧ください

▼マンガで分かる!塗り替えストーリー!▼

▼当社が塗り替えで採用される理由はコチラ▼

【外壁塗装のカラーコーディネートの仕方とは?】

【屋根やバルコニーの床とか補修やリフォームが必要な理由とは?】

相模原市・あきる野市・青梅市・立川市・昭島市・町田市・多摩市・日野市・八王子市にて避難ハッチ、屋上ハッチ、点検口や屋根塗装・外壁塗装リフォーム工事のご相談、お見積りでしたら企画・設計・販売・管理・施工の一貫体制で、お得と評判な【有限会社泉建装】まで先ずはご連絡下さい。調査・診断・お見積りは無料です。

住まいのことで感じる
「高い」「困った」「めんどくさい」から
あなたをお助けする改修工事の専門チームです。