トピックス

昔と今 トイレ節水事情

昔と今 トイレ節水事情


トイレで使用する水の量は、一般家庭ではお風呂の次に量が多いって知っていましたか?


2012年度版 一般家庭水道用目的別実態調査


家族構成や使用頻度など、ご家庭によって水道代の使用料金はバラバラだと思いますが、2012年度版 東京都水道局の「一般家庭水道用目的別実態調査」によると一般家庭における水道使用量の内訳は以下の通りだそうです。

● 風呂・・・・40%
● トイレ・・・22%
● 炊事・・・・17%
● 洗濯・・・・15%
● その他・・・6%

お風呂に次いで2番目で、全体の4分の1にあたるのですから、とても多いですよね。


2006年度版 一般家庭水道用目的別実態調査


それが、同じ東京都水道局の「一般家庭水道用目的別実態調査」でも、2006年度では、このような結果でした。

● トイレ・・・28%
● 風呂・・・・24%
● 炊事・・・・23%
● 洗濯・・・・16%
● その他・・・9%

お風呂とトイレの順位が入れ替わっている上に、使用量の割合も多かったのがわかります。

どういうことかと言うと、ここ数年でトイレの節水面での性能が進み、以前に比べて節水効果の高い新しいトイレが増えたたことで、実際の使用量も削減されたのではないかということなのです。

比べてみると、2006年頃のトイレでは、1回の大洗浄水量が約6L必要になりますが、さらに1990年代以前のトイレでは、10~13Lもの水を使用しているのです。

現在はどうかと言うと、トイレの洗浄水量は40年前に比べておよそ5分の1にまで削減されているそうで、実際には4人家族のご家庭で年間およそ12,000円~15,000円の水道代の節約になるケースもあるようです!

現在では一般的な節水型4.8Lに加えて、超節水型3.8Lもあり、また水量だけでなく、電力の面でもタイマーで節電設定ができたり、人の気配を感知して節電してくれる機能などもありますので、節水、節電と合わせるとその差は歴然ですね。

長い目でみると、トイレのリフォームはかなりお得な選択肢になるのではないかと思います。
トイレのリフォームを検討する際に、ご参考にして頂けたら幸いです。

>>>トイレ施工実績集はコチラ<<<


こちらの関連ページもご覧ください


◆トイレのリモコンが故障⁉あまり知られてない製造中止の場合の交換や互換性って?

今やあって当然?となった温水洗浄便座付きトイレ(ウォシュレット) リモコンが故障⁉なんてご経験をされた方も多いのではないでしょうか? この記事はトイレのリモコンが壊れた際の1つの選択肢として、ご紹介したいと思います。 2 … 続きを読む


◆八王子市K様邸 1階2階トイレ交換タンクレス激落ちバブル機能付き採用例

 シャワー便座の調子が悪くなってきたのでそろそろ交換と考えてた時に、弊社が年3回送付しているお買得商品カタログ『IKURA』のチラシが届き、お気に入りのメーカー、パナソニックのトイレが安く記載 … 続きを読む


◆八王子市川口町 洗面室補修・トイレ交換工事例

2018年12月8日・11日で施工しておりました。川口町I様邸の洗面室補修工事・トイレ交換改修工事が完了しました。  今回トイレは「TOTOピュアレストEX」と「T … 続きを読む


◆八王子市小比企町店舗O様の排水管洗浄・調査の報告

2018年4月6日小比企町の店舗O様におきまして、排水管の高圧洗浄とファイバースコープでの管内部調査を行いました。 施主様は、屋根外壁の改修工事のご依頼後も、内装工事やお困り事の際には幾度となくお声がけ頂いでおりますOB … 続きを読む


八王子市にてリフォーム工事のご相談、お見積りでしたら企画・設計・販売・管理・施工の一貫体制で、お得と評判な【有限会社泉建装】まで先ずはご連絡下さい。調査・診断・お見積りは無料です。

トイレや水回りのリフォームで
「高い」「困った」「めんどくさい」から
あなたをお助けする改修工事の専門チームです。

よく見られている記事

タグ: , , , , , ,

調査・診断・お見積もりは無料です。

お問い合わせフォームへ