ニュース&トピックス

八王子市小比企町 I様邸 外壁塗装(擬石風仕上)屋根塗装工事のご紹介

2021年2月10日~3月17日にかけて施工のI様邸屋根外壁塗装工事で外壁を擬石風な仕上がりとなる吹付塗装で仕上げましたので、施主様からのご相談からプランのご採用に至る経緯や施工内容等をご紹介させて頂きます。
一般的な塗装のみではなく、アレンジもお考えの方には選択肢の1つとなるので、是非ご参考になさって下さい。


▲施工後


▲施工後:外壁

 


お問合せ


ご相談の経緯は、屋根外壁の改修塗装工事をご検討のご主人様より、ホームページのお問合せフォームからメールにてご連絡を頂きました。

ハウスメーカーさんより提案された御見積りが高額であった為、参考として相見積もりの業者を探していらっしゃる際に、泉建装ホームページをご覧下さったそうです。

築年数23年目になられ、今までもハウスメーカーさんから外壁塗装のお勧めが度々あったそうですが、お住まいのライフプランを決められたタイミングとも合い、今回改修塗装工事をご計画されたそうです。

屋根のお手入れは6年前にされていたそうですが、”どうせ足場をたてるなら” と、屋根塗装やベランダ防水工事も一緒に施工されたいとのご希望でした。

 


ご提案とご採用


既存の外壁は「セラミック材」の仕様になり、ご提案として既存の素材と相性のよい塗料のラインナップでご説明させて頂く中で、塗料の選定では娘さんのご意見も取り入れられ「多彩色(石調)」で進めてほしいとのご要望を頂きました。

泉建装の標準施工の主なご説明としては、

《屋根塗装》
下塗り2回+中塗り+上塗りの4回施工

泉建装では下塗りは最低2回塗るのが標準施工です。1回の下塗りでは仕上げ塗料の付着力の問題や吸込みによる仕上りのムラなど意匠的な問題の発生が起こりやすく、今までの経験則から最低でも2回の下塗りは必要だと判断しています。

《外壁塗装》
下塗り+中塗り+上塗りの3回施工

《鉄部塗装》:I様邸では基礎部の水切り、シャッターボックス等が該当します。
ケレン・下地調整作業+錆止め+中塗り+上塗り

その他、基本的な事になりますが、例えば「軒天・上裏」と「破風・鼻隠し」は同一の色でもそれぞれの下地により塗料を使い分ける仕様となっています。

ベランダ防水工事の施工内容については、既存のハウスメーカーのリフォームとして推奨される「防水シート」の交換施工でご提案させていただき、仕様や工法については実際の施工担当者も同席で、ご説明をさせていただきました。

〔ご依頼の決め手〕
ハウスメーカーさんとリフォーム業者さんとの3社の中から泉建装をご採用頂いたのは、「金額だけてはなく、安心感を求めて」という事と、お住まいに近いという事がポイントになられたそうです。

 


主な施工内容


【屋 根】

〔仕様塗料〕 関西ペイント『RSルーフ2液Si』(遮熱塗料)

〔特  徴〕 遮熱性が高い弱溶剤形2液アクリルシリコン樹脂塗料となり、赤外線を反射させる特殊顔料をトップコート施(上塗り)だけでなく、下塗りの アレスクールシーラーにも配合してありますので、上塗り層を透過した一部の赤外線も下塗り層で反射することで高い遮熱性能が実現できる「Wブロック効果」により屋根の温度上昇を抑制する塗料となります。

※『RSルーフ2液Si』は「アレスクール2液Si」と同等の塗料として関西ペイントの「リフォームサミット参画店」のみ使用できる専用塗料です。


▲施工前


▲高圧水洗浄作業中


▲下塗り2回目施工中
まずは付着力UPと吸込み止めを目的とし「ヤネ強化プライマー」で1回目の下塗りを行った後、「 アレスクールシーラー」を塗装していきます。


▲下塗り施工後、屋根の縁切りとして「タスペーサー」を取付けます。


▲中塗り施工中
その後、上塗り工程で仕上げ塗布後、施工完了となります。

 

【外 壁】

〔仕様塗料〕 ダイフレックス『ダイヤアーバントーン』 色TU-21

〔特  徴〕  多彩模様アクリルシリコン塗材となり ・高耐久性 ・耐汚染性 ・高意匠 ・優れた施工性を併せ持ち長くにわたって美観と表情を維持します。

仕上がりがマット感のある、落ち着きのある見た目が特徴です。


▲施工前


▲施工前:外壁(接写)


▲高圧水洗浄中


▲下塗り施工中


▲中塗り施工中
アーバントーンは中塗りと上塗りが違う塗料で構成されており、中塗りはベース色を着色する作業のイメージです。


▲細かい部分はハケを使い作業します。


▲上塗り(吹付用)はこんな感じに多彩な色が配合されています。


▲試し吹き中
こういった吹付用の器具を用いて上塗り材を吹き付けていきます。


▲上塗り(吹付)施工中
『ダイヤアーバントーン上塗り』を吹付塗装にて施工します。


▲シーリング施工中(写真左)シーリング後(写真右)
今回の施工ではシーリングは塗装を仕上げてからの後打ち(仕上げシール)です。
類似色のシールなので外観は違和感なく仕上がります。


▲施工後(接写)


▲施工後
多彩な色合いにより、温かい外観や、しっとりと落ち着いた表情の印象に変わりました。

 

【鉄部下処理】


▲ベランダ開口部:細かな作業になります。

【その他】


▲追加工事として門扉の塗装も行いました。

 


以前、他のご住居でリフォームをなさった際(内装のリフォームというお話でした)に、施工業者さんの内容と印象が良くなかったという体験をされているそうで、業者選びは慎重になられていたとのお話を伺いました。

有難いことに施主様からは施工中にも「丁寧な仕事をしてもらっている」とのお声がけを頂き、また追加工事として、基礎、門扉の塗装、網戸張替えのご依頼も頂きました。
今回の提案や実際の施工で、私どもの姿勢をご理解いただけて信頼関係を築くことが出来たと感じております。
ありがとうございました。


 

こちらの関連ページもご覧ください


◆【水性シリコン系微光沢多彩色模様塗料】 ダイヤカレイド


◆八王子市東浅川町Y様邸の屋根外壁塗装改修工事例

八王子市東浅川町 屋根塗装・外壁塗装他改修工事の例 その② 2020年2月27日より着工しておりましたOB顧客様Y様邸の改修工事が3月23日に完工しました! 以前に「ご相談内容、ご採用いただいた経緯」などをご紹介いたしま … 続きを読む


◆ダイヤスーパーセランフレックス ヘーベルハウス外壁塗装事例

日野市大坂上外壁塗装 ダイヤスーパーセランフレックス仕様での例 この記事では、2018年4月11日より着工し5月2日に完工した日野市大坂上のY様邸の外壁塗装工事で使用したダイヤスーパーセランフレックスなどをご紹介いたしま … 続きを読む


◆外壁の塗装や補修、リフォームが必要な理由とは?

皆さんも住宅街で建物に足場をかけ工事をしている様子を度々見かける事があると思います。この外側に足場を掛け行っている工事の多くは、外壁の再塗装や補修などのメンテナンス工事によるものがほとんどです。 はたして、建物ってこんな … 続きを読む


◆八王子市 ダイヤスーパーセランで施工後10年越えた物件の事例

普段はデスクワークの私(リフォームアシスタント)ですが、先日OBのお客様をお訪ねする機会があり、そこで驚愕の出来事に出会いました。 こちらのお住いの外壁は塗装施工後何年目くらいだと思いますか? 何と! なんと11年目! … 続きを読む


相模原市、町田市、多摩市、日野市、八王子市で外壁や屋根など外装リフォーム工事のご相談、お見積りでしたら企画・設計・販売・管理・施工の一貫体制で、お得と評判な【有限会社泉建装】まで先ずはご連絡下さい。調査・診断・お見積りは無料です。

住まいのリフォームのことで感じる
「高い」「困った」「めんどくさい」から
あなたをお助けする改修工事の専門チームです。

よく見られている記事

タグ: , , , , ,

調査・診断・お見積もりは無料です。

お問い合わせフォームへ